スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

2015

2015年も、アスルクラロ沼津でプレーさせていただく事になりました。

報告が遅くなりましたが、クラブ関係者、そして自分を応援し、支えて下さるすべての方々に感謝します。

JFLリーグ優勝、J3昇格、この目標を達成できるように全力でチームのためにやりたいと思います。


明日、ホーム沼津愛鷹球技場でJFL開幕を迎えます。

今季の終わりには、いい報告ができるように今シーズン闘います。

at 21:06, 尾崎瑛一郎, -

comments(7), trackbacks(0), - -

皆様の力を貸して下さい

[内間さんを支援する会からのお願いです]

「内間さんへの恩返しの気持ちをこめて」(文:岡野雅行)
 この度、皆様に支援金をお願いしたく、このような会を設立させていただきました。
 内間智美さんは、私のかつてチームメイトであるJリーグ「サガン鳥栖」、「ガイナーレ鳥取」で活躍した内間安路選手の奥様で、平成25年12月頃、「肛門管癌」を 発症しました
 内間さんは、鳥取市にある飲食店『はしや』を営んでいた女将さんの義娘さんです。このお店は、数多くのガイナーレ鳥取の選手に対し、食事のサポートをして頂いたお店でもあります。
 内間さんが、毎日のように手料理を振る舞い、選手の食事管理などもして頂きました。そんな内間さんが現在、大病を抱えていると知り、何とかできる事はないかと思い、今回このような支援の方法を取らせていただきました。
 癌治療には、多額の資金が今現在でもかかっており、今後も治療を行うためには治療費が必要です。
 是非、皆様のご協力をお借りして、「内間さんへの力」になっていただきたく思います。
 支援の方どうか宜しくお願い致します。 岡野雅行

なお、以下のホームアドレスのリンクと拡散をお願いします。

http://shiensuru.sakura.ne.jp/index.html

内間さんを支援する会一同

at 00:43, 尾崎瑛一郎, -

comments(2), trackbacks(0), - -

2014

2014年、アスルクラロ沼津でのシーズンが終わった。
J3昇格の達成は叶わず、ホーム最終戦は敗戦、リーグ最終戦も2ステージ優勝チームの佐川印刷に0−4という大差で敗北した。
「終わりよければすべてよし」というわけではないが、苦しいシーズン最後を迎えての終わりだった。



まず、ここまで支えてくれたチーム関係者のすべての方々、チームメイト、スタッフ、スポンサーの方々、そして最後まで応援してくれたサポーターの方々に心から感謝しなければならない。
11月9日の最終戦も遠い京都まで悪天候にも関わらず、アスルのサポーター、そして家族、知人、親友、自分を応援してくれる人達が沢山スタジアムに足を運んでくれた。


そんな中、最後の結果に自分自身の力の無さを痛感させられた。

情けなさ、悔しさ、。。。


相手の佐川印刷は、とても強かに戦っていたし、後期優勝チームに相応しいチームだと戦って感じた。


これが今の自分の実力だと感じた。


俺自身ももっと努力しなければならないし、今まで以上に高い意識でやらなければならなかったと思う。
結果がすべてを物語っている。

今まで、先輩方に言われきた事がちゃんとわかったように思う。

サッカーは甘くない、J1,J2、J3,JFL、どこのカテゴリーでやっていようがそれは変わらない。変わってはならない。

お金を払って試合を見に来ている人がいる以上、自分達には闘う責任ががある。
結果を出さなければいけない立場ある。

それはサッカーに対する意識も一緒だと思う。
まず精一杯やる、努力する、それが大前提その中で、楽しみながら、苦しみながらチームは成長していくと思う。


それができないのなら、草サッカーでやればいいし、自分も現役を辞めなければいけないと思っている。



一番は、目的が何かという事。どこに目標を置くかがとても大事に思う。


当たり前の事だけど、これをどこにおくかで意識も違うし、何をしなければならないかもわかってくるはず。


っと口で言うのは簡単な事。これを行動で示さないといけない。

いや、示す。



この一年、長く在籍したチームを辞め、カテゴリーも下がり、その中で自分に自問自答を繰り返しながらやってきた。

すべては、自分が選んだ道、決めた道。

今、この道で、またどうサッカー選手として、人として生きていくか、

今年も残りあとわずかな時間を、しっかりと考える時間あてたい思う。


だが、毎年変わらない事は、人に感謝し、出会いに感謝する事。

それだけは日々変わらない気持ちを持ち続けて生きていきたいと思う。

2015年も、皆様にとって素晴らしい年になる事を祈っています。

年末年始お体に気を付けてお過ごし下さい。




                                       アスルクラロ沼津 尾崎瑛一郎

 

at 15:03, 尾崎瑛一郎, -

comments(0), trackbacks(0), - -

J3昇格に向けて・・・・

『昇格』、今年自分自身が一番こだわり常に意識してきた言葉。

『静岡県の東部からJクラブを』 アスルクラロ沼津が今年掲げている目標でもある。

『アスルクラロ沼津』 自分はこのチームの存在、名前を失礼ながら入団するまで知らなかった。

それは、以前在籍していたチームもそうだった。

今、自分が在籍しているこのチームが全国の人達に少しでも知ってもらえるようになるには昇格して最低でもJ3という

カテゴリーの中で闘って行かなければならないと思う。




もちろん、最終的にはJのトップリーグでできたら自分はいいと思っている。

高いカテゴリーでやれば、子供達も目標にしてくれて、この地域からいい選手が今よりももっと出てくるとも思う。

昇格するという事は、本当にいろんな意味で大きな事になってくる。

クラブも選手もレベルアップしなければならない。

自分は、これまで2回の昇格を味あわせてもらった。

一度目は、19歳。 二度目は、26歳。

昇格というのはどんなカテゴリーに昇格しようと格別なもの。

自分が、二度味あわせてもらった昇格は沢山の偉大な先輩方のおかげで。

昇格させてもらったようなものだ。

全く、自分の力で貢献などできていないし、本当にいい思いだけさせてもたった。


それでも、あの時昇格したチームの雰囲気や、選手としての在り方、クラブ、サポーター、チームメイトと分かち合える喜び、

あれは経験した人間しかわからないと思う。


自分は、そういう思いを、今のチームメイトに少しでも経験してほしいと思う。



もちろん、また自分も経験したい。


昇格して、見返したい奴が山ほどいるし、それをモチベーションにやれてるのもある(笑)




今、アスルクラロ沼津が昇格できるにはとても厳しい状況には変わりない。

それでも可能性がある限り、最後まで闘うしかない。

自分にはそれしかできないし、それができない選手は今のこのチームに必要ない。

自分達ができる事は、とにかく勝ち続ける事しかないので残り4試合。



クラブ、サポーター、自分を応援してくれる沢山の人達、そして家族のために、

このアスルクラロ沼津で闘い抜きたいと思います。


皆さん、声援、魂、念を是非送って下さい!!





尾崎瑛一郎

 

at 16:23, 尾崎瑛一郎, -

comments(4), trackbacks(0), - -

後期 崖っぷち

こんばんは、夏の終わりも近づき朝晩はとても涼しくなってきた。

JFLも後期に差し掛かり、4試合を消化して勝点5の11位。

とても厳しい状況だ。

本当に厳しい。。。

チームの結果も出ていないが、自分自身のパフォーマンスも全く良くない。

自分自身が一番わかっているけど、こんなに良くないのも久々の感覚。

まずは、自分の事に集中しようと思う。

自分のパフォーマンスを上げる事が、結局はチームのためになると思う。

周りの事を気になりすぎて、苛立ち、腹を立てている時は、自分の事が疎かになる。

まず、自分だ。

まず、自分ができていないと何の説得力もないし、伝わらない。




ただ、自分がサッカーに対する思い、考えはどんな状況になっても変わらない。
変わってはならないと思っている。

これが変わってしまったらサッカーをやめる。

自分はそう決めている。

まだまだ上手くなりたいし、なれると思っている。若い奴にも負けたくないし。

その為には、少しでも高いレベル、高い意識でのTRをしなければ絶対に上手くならない。



自分にも言える事だが、やはりTRでこれでいいだろうとか、適当にやって、追及してなければ
どんな相手でも試合に勝てない感じた。
J2だろうが、J3だろうが、JFLだろうがそれは変わらない。




もう一度、自分を見つめ直し選手としても、人間としてもここでレベルアップしないとこの先の自分はないと思っている。




逆に、また自分も成長できるチャンスを頂いたと思うしかやってられない。


ここで終わるようなら、それまでの人間、選手だったという事になる。


それくらい自分に言い聞かせて、また今からやるしかない。



そう、もうやるしかない。


どんな時も、自分は人に活かされている事を忘れず。。。





何事にも『感謝』の気持ちを忘れず。





アスルクラロ沼津 尾崎瑛一郎
 

at 22:59, 尾崎瑛一郎, -

comments(5), trackbacks(0), - -

前期終了

暑さも厳しくなってきた今日この頃。
自分は、夏が大好きなので早く本格的な夏が来い!!っと思っているけど俺だけか。。。
毎朝、通勤時に大黒摩季さんの、『夏が来る』を聞いてテンションを上げて出勤、TRに向かうのだ(笑)
事務所に着く間際にKELLY SWEETの曲で気持ちを少し落ち着かせて仕事に就く毎日を送るのが日課になってきた。



アスルクラロ沼津に入団して4か月程経つ。

先週の日曜日、前期最終戦を迎えた。横河武蔵野に勝ちはしたが、前期は7位で終えた。

これを、良くみるかは自分達の意識、目標をどこにおいているかでだいぶ変わってくる。




このチームの目標は、あくまでもJ3に昇格する事。




それを何よりも第一に考えなければならない。

J3に昇格するには、ファーストステージ、セカンドステージ、どちらかで優勝するか、総合で4位以内に入るか、


どれかの条件を満たせば、昇格できる。


正直、こんなチャンスが与えられているのは本当に有難い。

前期の結果に関係なく、後期で結果を出せば昇格できるというわけだ。こんなチャンスはなかなかない。

今後、準加盟チームはどんどん増えてくる、そうなれば昇格条件も厳しくなる。

今年が、本当にチャンスだという事を自分も含めてチームのすべての人達がもう一度認識しなければならないと強く感じる。


セカンドステージを優勝するか、それに近い成績を出さなければ昇格はない。

簡単な事じゃない。


大事な事は、どれだけ本気になれるかという事だと思う。


もちろん、やる選手がまず本気なって結果を出さないといけない当たり前な事だけど、
それと同じようにスタッフ、クラブも一緒の想いでやれるか、どれだけひとつになれるかがすごく重要になってくる


W杯を観ていても、同じような事をすごく感じる。

このブログを、どれだけの人達が見てくれていて、影響力、クラブの力になれるかわからないが、

あえてここに書こうと思う。





アスルクラロ沼津では、ソシオ会員を募集しています。

合わせて、スポンサーになっていただける方々も募集しております。



http://azul-claro-sports-club.jp/socio-suruga.html



詳しくは上記を見ていただいて会員になっていただける方がいらっしゃれば是非宜しくお願いします。

何かご質問がある場合、会員の件でもクラブまでお電話いただければ私尾崎も勤務していますので対応させてただきます。(笑)

尾崎に変わって下さい!!っと言って下さい。



選手が戦うためには、もちろん資金も必要です。

自分が出来る事はすべてやりたいと思うし、こういう事は良い事ではないかもしれんませんが、あえてこういう場を使って

伝えさせてもらいました。




自分は、これまでも沢山の方々に支えてもらい、助けてもらって今もサッカーができている事をいつも忘れないように
今は日々サッカーと仕事をしています。

プロでやれる事が、どれだけ素晴らしい事か、恵まれているか、それはこの数カ月で本当にわかった。

だけど、それがすべてじゃない事もわかった。

もちろん自分はプロとしてやる事に、こだわりを持っている。

今もこれからもそれは変わらない。

常に、プロでまたやってやる気持ちで毎日やっているし、自分の方ができるとそう思っている。

それは、自分の力で証明するしかない。それをしてやるという楽しみ感もすごくある。



今ここでJ3に昇格したいという目標、夢もできた。



それが今の自分の生き甲斐。

プロでサッカーをしているだけだったら、こんな風には思わなかったかもしれない。

会社という組織に入り、必死にクラブの昇格のために本気でやっている人を見れば、自分もそうでありたいと思った。

自分の気持ちがどれだけの人達に届くかは正直わからないが、やれる事はやろうと思う。



もちろん、サッカー選手としてもまだまだ上を目指す。




是非、一人でも多くの方に知ってもらえたら嬉しいです。



ちなみに、私はアスルクラロ沼津のマネージャーをしています。



尾崎瑛一郎です!!




 

at 15:11, 尾崎瑛一郎, -

comments(4), trackbacks(0), - -

悔しさと、喜び。

今、JFL8節アウェイでファジアーノ岡山ネクストとの試合が終わり、沼津に帰る道中。


スコアは、2-2 の引き分け。


またしても、勝てなかった。



これまでの試合とは違い、追いついての引き分け、少しは収穫があったのは次に繋がるかもしれない。


それができるか、出来ないのか、自分達次第。次の試合までにどれだけまた成長して臨めるか、また試合まで少しでも個人がレベルアップしないとどのチームにも勝つ事はできないと今は思う。


自分自身も、さらに技術、体力、精神力、そして一番は人間力をあげないとJFLで活躍はできないと8試合終わって強く感じる。


アスルクラロ沼津を、もっと知ってもらうためには、とにかく結果を出すしかない。


その責任がある事を、もっと一人一人自覚しないといけないし、そういうプレッシャーを感じながらも楽しむ、それが楽しい。

もちろん、それは日々のトレーニング、試合に全力で臨む事が大前提の話



サッカーは、甘くない。


サッカーに対して、情熱がない人間にはサッカーの神様は微笑まないと本気で最近思う。



今、チームは勝てない。


それは、何か原因があるからだ。


それを、自分も含めて見つめ直す事が必要なのかもしれない。


またこれを乗り越えたら、チームも自分も成長できる、このチームには未来がある。それを必ず掴みたい。
自分は、今まで以上に飢えているし、サッカーが好きだ。
俺が、終わったと思ってる奴らを見返してやる!



そんな気持ちが、また今日強くなった。



今日の試合は、久々に素晴らしいスタジアムでやらせてもらった。



岡山のホーム、カンスタ。


JFLでも、スタジアムを使わせていただけるのは本当に有難い事。


しかも、直前までJ2の岡山と福岡ぎ試合で使ったのにも関わらず、素晴らしいピッチでやらせてもらって、楽しかった。




そして、そんなスタジアムに自分の応援に駆けつけてくれた人達が沢山いてくれた。


水色に作られた横断幕、尾崎という名前を書いた看板を腕いっぱいに広げて掲げてくれた。自分の名前が呼ばれた時、沢山の拍手を送ってくれた。



込み上げる思いを、笑顔でごまかす事しかできなかった。




俺は、本当に幸せな人間だ。




そんな人達のために、まだまだ頑張りたい、もっともっと自分のプレーを見て喜んでもらいたいと心から思った。



もっと努力して、また皆さんに応援していただけるように頑張ります‼︎



スタジアムに足を運んで下さった皆さん、会いに来てくれた皆さん、本当にありがとうございました‼︎




iPhoneから送信

at 22:44, 尾崎瑛一郎, -

comments(7), trackbacks(0), - -

no title

毎朝、富士山を眺めながらの通勤も一ヶ月半が経つ。


世界遺産にもなった富士山だか、改めて間近で観ると圧倒される。


どこかのタイミングで富士登山に行きたいなぁ〜

登山部に、招集かけんといけんな(笑)

みんな来てくれるかな…


富士山には昔、親父とも良く行った記憶がある。


全くの私情の事だか、今日は亡くなった親父の命日。


命日を、静岡で迎えたのは亡くなってから初めてではないだろうか。


もう長い年月が経つ。

今、生きていたらきっと色んな話をしただろうな、お酒も一緒に飲んでみたりなんかしたりして。

想像するだけでも、なんか恥ずかしい気持ちになるな〜。


まだご両親が健在に元気でおられる方々には、本当に沢山家族と過ごす時間を作って大事にしてほしいと思う。

後から、気付いたってもうできないから……




後はやっぱり、自分を産んでくれた親には一年でも一日でも長く生きてほしいって思う。


親には自分が死ぬまで、感謝し続けないといけないよね。

自分も親として、そう少しでも思ってもらえるように鍛えかいけんと思った。


また明日から頑張ろう!


今週、久々のホーム愛鷹での試合やから絶対勝つ!


愛鷹多目的球技場に是非来て下さい!


iPhoneから送信

at 21:14, 尾崎瑛一郎, -

comments(4), trackbacks(0), - -

no title

こんばんは、沼津に来て一ヶ月が経つ。

今日は、下関でレノファ山口との試合を迎えた。

レノファ山口には、かつてチームメイトやった選手もいたり、沼津と同じくJ3に上がれる権利を持っているチーム。

遠い下関に駆けつけてくれた、サポーターの方々、そして自分を応援してくれた皆さんに本当に感謝している。

試合は、0-1で敗れた。


サッカーは、そんなに甘いもんじゃない。
それは、今まで自分自身も経験してきたし、沢山の偉大な先輩達から学び教えられてきた。

サッカーに対する想いは、アマだろうが、プロであろうが俺は変わらないと思う。


サッカー、スポーツは人間がやるものだから、まず人間力を磨けと高校の時に口煩く言われてきた。


それが、どれだけ大事か今改めて感じる。


自分も、もっと人間力を磨かないとここからの成長はなくなる。


そんな危機感を今日試合して持った。

今まで、沢山の先輩達から感じた、サッカーに対する思い、厳しさ、
を自分自身にまたしっかり持って頑張りたいと思う。



今まで、自分の周りは口煩く厳しい事を言ってくれた人達が、本当に有難い事だったんだと思う。


自分もそういう人達に少しでも近づけれるようにまたやっていくしかない。



iPhoneから送信

at 20:31, 尾崎瑛一郎, -

comments(3), trackbacks(0), - -

in 沼津

__.JPG

at 13:09, 尾崎瑛一郎, -

comments(3), trackbacks(0), - -


カウンターカウンター